治療が不安なあなたへ東京都のインプラントの名医教えます » 代表的なインプラント学会リスト

代表的なインプラント学会リスト

インプラント学会に加入する意義とは

同じ分野の医師たちによる情報共有をおこなう

学会とは、同じ分野の学術研究をする研究者の団体のことをさします。医療にはさまざまな分野があり、インプラント医療もそのひとつです。歯科医師たちがインプラントに関する学会に所属することで、インプラント医療における知識や新しい技術、研究発表などで情報を共有できます。また、同じ分野の同じ志を持つ医師たちが集まり、学んだりコミュニケーションを図ることが、医療の発展と向上につながると考えられています。

代表的な4つのインプラント学会を紹介

同じインプラント治療であっても、知見や学術の方向性にそれぞれ特色があります。ここでは、数あるインプラントの学会から代表的な4つを紹介します。

日本口腔インプラント学会

超高齢化社会での歯科医療の発展を目指す

1986年に「日本歯科インプラント学会」と「日本デンタルインプラント研究学会」を合併し発足した日本口腔インプラント学会。2009年には会員数が10,000人を突破するなど、多くの医療従事者の支持を得ています。超高齢化社会への口腔医療のあり方を重視し、患者に寄り添う医療の発展のため、一般向けのメディア発信や講演会もおこなっています。

日本口腔インプラント学会の
活動・認定資格などについて詳しく

ICOI 国際口腔インプラント学会

大規模な学術大会をおこなう国際的な学会

1972年に設立された国際的な口腔インプラント学会であるICOI。米国ニュージャージー州に本部を設置し、世界歯科連盟(FDI)に加盟しています。
歯科医療従事者へのインプラントの質の高い教育に力を入れており、さまざまな活動をおこなっています。ICOI会員に向けた活動では、学術大会を実施。大会長を任命し、東京国際フォーラムやTKP市ヶ谷カンファレンスセンターなどで大規模な学術大会がおこなわれています。

ICOI(国際口腔インプラント学会)の
活動・認定資格などについて詳しく

国際口腔インプラント学会ISOI・DGZI

DGZIと連携した世界的なインプラント医療の促進

国際口腔インプラント学会(ISOI)では、ドイツに本拠地を構えるインプラント学会「DGZI」の日本支部を併設しています。ヨーロッパにて最大最古の歴史を持つDGZIと連携し、開業医主導の学会として活躍しています。専門医や指導医の資格では、ISOIが認定するほかに、DGZI ドイツ本部から認定を受ける資格も。日本に留まらず、世界的なインプラント医療の知識と技術をとり入れています。

ISOI(国際口腔インプラント学会)の
活動・認定資格などについて詳しく

日本顎顔面インプラント学会

口腔外科医に更なるインプラント医療を普及

日本顎顔面インプラント学会の目的は、国民中心で安全なインプラント医療の普及。さまざまな活動をしており、学術大会や学会誌、各種委員会などを通して歯科医療の発展に貢献しています。また、会員の多くが口腔外科学を基軸とする立場の大学教室や病院診療科に属しており、口腔外科医のインプラント医療の知識と技術の向上に努めています。

日本顎顔面インプラント学会の
活動・認定資格などについて詳しく

切開しない ドリルを使わない
すぐ歯を入れられる…など

希望の治療に対応できる名医を検索できます