治療が不安なあなたへ東京都のインプラントの名医教えます » 東京で主治医を見つけたい!インプラントの名医事典 » 岡田尚彦(ナオデンタルオフィス)
  

岡田尚彦(ナオデンタルオフィス)

切開しない
フラップレス手術
ドリルを使わない
OAM(大口式)
すぐに歯を入れられる
即時荷重
治療期間の目安 費用の目安
- - - 4~9か月 公式HPに記載無し
切開しない
フラップレス手術
-
ドリルを使わない
OAM(大口式)
-
すぐに歯を入れられる
即時荷重
-
治療期間の目安 2~6か月
費用の目安 公式HPに記載無し

岡田尚彦医師について

日本口腔インプラント学会および顎咬合学会の認定医を取得。アメリカのUCLA歯学部への留学経験もあります。

岡田尚彦医師の治療へのこだわり・治療方針

「患者に最高のものを提供したい」ということを信念に診療に当たっています。歯の健康は、もちろんのこと、美しさと機能性も考えて治療を実施。さらに、美しい笑顔になるサポートができるよう心がけています。具体的には、痛みのない治療はもちろん、エビデンスに基づいた医療を展開。何がどうだから優れているのか、明確な理由があってこそ患者が安心して治療を受けることができるのです。

岡田尚彦医師の著書・論文

岡田尚彦医師のメディア出演

岡田尚彦医師の運営メディア

岡田尚彦医師のプロフィール

経歴

  • 三重県出身
  • 平成 5年 日本大学松戸歯学部卒業
  • 平成 5年 東京医科歯科大学第一口腔外科勤務
  • 平成11年 UCLA歯学部留学
  • 平成12年 中部労災病院口腔外科・インプラント科嘱託医
  • 平成13年 都内医療法人勤務
  • 平成17年 ナオデンタルオフィス開院

資格

  • 顎咬合学会認定医
  • 日本口腔インプラント学会認定医
  • ケアーマネージャー

岡田尚彦医師が対応する治療

2回法

治療期間
4~9か月

この施術方法は、最もポピュラーなインプラント治療方法の1つです。1度目の施術では、あごの骨にインプラント体を埋め込んだら、完全に塞いでしまいます。その後、状態が落ち着いたらインプラント体の頭の部分だけが見えるように2度目の施術を実施。その後、上部構造を装着します。

2回法のメリットは、インプラント体を歯肉の中に完全に埋め込んでしまうので、治癒期間の間、力がかからず細菌感染のリスクもほとんどありません。その一方、手術を2度、受けなければならないため、患者への負担が大きくなってしまうのがデメリットとして挙げられます。そのため、どうしても2回法でやらなければならないケース以外を除き、ほとんどは1回法で施術が行われているようです。

切開しない、ドリルを使わない、
すぐ歯を入れられる・・・など

東京でインプラントの名医がいるおすすめクリニック一覧

岡田尚彦医師が所属するクリニック

ナオデンタルクリニック

ナオデンタルクリニック
引用元HP:ナオデンタルクリニック
http://www.naodental.com/

土、日、祝日も診てもらえる

東急東横線の自由が丘駅から徒歩3分の場所にあるこちらクリニックは、一般歯科や小児歯科、矯正歯科、口腔外科(インプラント)、審美歯科、歯周病治療など口の中の悩みであれば幅広く対応してもらえるのが強み。また、他の歯科クリニックが休診日としていることが多い、土曜、日曜、祝日でも18時まで診てもらうことができます。さらに平日は21時まで診察を行っているので、仕事や学校などで昼間に通うのが困難な人でも気軽に通院することが可能です。

東京でインプラントの名医がいるおすすめクリニック一覧